なぜ東南アジアで働くのでしょうか。

自分のキャリアの中で最善の決断をしたのは、PageUpの海外でのポジションを12ヶ月前に引き受けたことです。ーいいえ、これはシンガポールに限ったことではなく、マレーシア、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピン、香港(明らかに東南アジアです)でも働いてきました。以下、なぜかを説明します。
・技術の挑戦に終わりがないこと
・アジアの世紀がブームで、技術企業家が乗り出している
・文化や背景によるビジネスの問題を解決することはやりがいがある

技術の挑戦

技術というのは、シンプルで可動性があり魅力がなければいけません。そして私たちはどこよりもシンプルさを追求しています。会社展望から消費者向けのアプリへの変革は流行になっています。デロイトによるエンタープライズ・アプリケーションの消費化についての議論はとても興味深く、フォーブズのポイントは「上場している企業ソフトウェア会社は十分にデザインに投資しておらず、スタートアップは警報レベルでインターフェースを改善しています。」
多くの企業がシステムがなかったために過去20年、事業技術に対処する必要がありませんでした。アプリケーションのベンチマークはしばしば顧客ベースで、多くの企業ソフトウェア・スタックで利用できる下位平均の経験を受け入れていません。(幸運なことに、私たちは多くの面で時代の先端を行っています。
シンプルに、便利で魅力があるというシステムを構築することは、企業技術において、こういうことなのです。

アジアの世紀

シンガポールで創設された動画ストリーミングサイトのようなウェブサイトは2億ドル産業となり、シンガポールは東南アジアのシリコンバレーと化しました。また、社会に影響を与えるソフトウェアを作り出すBagosphereやOne Cent Movementのような著しい会社もあり、地域中の不平等な形勢を一変させようとしています。
企業が勢いに乗っているのはソフトウェア業界だけではなく、Pirate3Dによるキックスケーターのキャンペーンが3D印刷において100万ドルを稼ぎ出すようになっています。
アジアで進んでいる技術革命はいつも私をワクワクさせてくれます。

文化的経験

シンガポール人、オーストラリア人、日本人、インド人、マレー人の会議は、あなたが思っている会議の概念を覆すでしょう。文化のメルティングポットでの遊びごごろのある働き方、日々接する様々な国の人々はあなたのコミュニケーション能力、影響力、交渉スキルを磨くのに適しています。もちろん、ホフステッドの文化の違いについてや世界中のコミュニケーションパターンなどのツールを見た時には、挑戦に感じるでしょう。
私は15年近く家族と離れて暮らしてきて、シンガポールが地元のようになり、これは世界の労働力のトレンドでもあると言えます。楽観的かもしれませんが、過去20年の世界の移民の傾向がそれを示しているのです。
私は文化について学ぶことが好きで、地域を旅するようになりました。列車に乗れば、それは新しい旅の始まりなのです。結局食事にたどり着くのですが、海外任務が長いか短いかは関係なく、食事をおろそかにせず、全てを試して見てください。そしてそれをいろんな人と共有することで、人とのつながりや関係を構築することに役立ててください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です