シンガポールの就労ビザ

シンガポールは世界でも最も生活コストが高い国の一つです。しかし、素晴らしい文化、経済成長、そして海外からの移住者が仕事を探しビジネスを始めていることを鑑みると、魅力が多いということを実感します。住みやすさのランキングでは上位に位置し、治安も比較的良いとされています。
数多くのグローバル企業がシンガポールで足場を作っています。その多くがアジアの拠点としてシンガポールを利用し、技術や知識を集結させています。働くためにシンガポール移住を検討しているのなら、まずビザを確保する必要があります。
この記事ではシンガポールの就労ビザを簡単に紹介しています。新たな挑戦のお手伝いができれば幸いです。

シンガポールの就労ビザは必要ですか?

シンガポールの全ての外国人は、合法的に働くために労働許可証が必要になります。ワークパスとして知られており、様々な種類のパスの詳細がシンガポール政府のウェブサイトで確認することができます。

シンガポールの就労ビザを得るには?

シンガポールで取得可能な様々なタイプのビザが、シンガポール政府のウェブサイトで公開されています。専門的な技術と個人的な都合によって種類は分かれています。
あなたが経験豊富な専門家で、月に3,600SGD以上稼いでいるなら、あなたの雇用主はあなたに代わってエンプロイメントパスを申請することができます。このビザを取得するのは難しく、特に新卒でこれだけの稼ぎがあっても取得するのは難しいです。ということは、明らかにこれ以上の稼ぎがなければいけないということです。月給の要件だけではなく、仕事内容にも制限があり、専門的で特殊なものであったり、高い能力が要求されます。

雇用主は、あなたのパスを申請する際に200SGD以上の手数料を支払わなければなりません。手続きに要する期間は一般に1週間ほどとなっています。
「中級のスキル」で少なくとも月2,200SGD稼いでいるあなたは、Sパスが必要になります。このビザが適用される場合は、雇用主があなたに代わって申請書を作成するでしょう。雇用主はSパスの申請数に制限があるので、この制限内に収まらなければなりません。また、教育レベルや経験年数に応じた適格条件もあります。

Sパスは1つの雇用主に対してのみ有効なので、職場を変えた場合は新しい雇用主と更新しなければなりません。
ビザの申請は雇用主がやるので、代理店などを使う必要はありません。

どのような書類が必要?

エンプロイメントパスかSパスを申請する場合、あなたの雇用主はあなたに代わっていくつかの書類を提出しなければなりません。
・あなたのパスポートの写真のページのコピー
・ビジネスの登録証
・学位記など、あなたの能力を証明するもの
中国やインドから来る人のために申請する場合は、他にも必要な書類がありますので。シンガポール政府のウェブサイトで確認してください。書類が英語で書かれていない場合は、公証か登録翻訳代理店によって翻訳する必要があります。提出を完了するにあたって、あなたのサインを求められる場合もあります。
書類に加えて、あなたの雇用主は移民局に適正に登録されなければなりません。そして、Sパスの場合、職場が割り当て制限内に申請していなければなりません。雇用主がやらなければならない手続きは政府のウェブサイトで確認でき、多くの有能なビジネスがシンガポールへ輸入されていることを考えると、あなたの会社や代理店はこれらの手続きに関して慣れていると思われます。

パート労働者、定期労働者、季節労働者の就労ビザ

シンガポールへ働きに来る人の多くは、たとえ短期間であっても上記の手続きを踏んでパスを取得しなければなりません。しかし、シンガポールにおいて特定の役割を果たす外国人のため例外もいくつかあります。よく知られている例外や以下のようになりますが、全ての例外は政府のウェブサイトで確認できます。
30歳未満の場合は、ワーキングホリデービザを申請することができるかもしれません。このビザは6ヶ月を上限として発行されます。これは割り当て制限があるので、適用条件を満たしていても割り当て分がなくなるとビザを取得することができなくなります。
シンガポールへ訓練やインターンシップなどで訪れる場合は、3ヶ月を上限とする短期間のトレーニングビザを申請することができます。このビザは雇用主があなたの代わりに申請し、登録された機関で勉強していない限りは、少なくとも3,000SGDの稼ぎがなければなりません。また、不慣れな訓練中の労働者のための6ヶ月を上限とする短期間のビザもあります。
特定の役割に対するその他のビザは、外国人家事手伝い(オペアなど)や芸術家に対するものがあります。

企業家としてシンガポールの就労ビザを取得するには?

ビジネスを始めるためにシンガポールへ入国する場合は、エンターパスを申請することができます。このビザは特定の財政要件を満たした人々が申請可能で、申請者は会社の株式を少なくとも30%保有していることなどが条件となります。まだあなたのビジネスを登録していない場合は、まずパスを申請し、取得後にビジネスの登録をすることもできます。
バーやマッサージ店などはこのビザの対象にはなりません。
全てのエンターパスの申請フォームはオンライン上で取得でき、スキャンした書類を送付することで申請することができます。ビザは1回で1年間分を発行されることが多く、一定の待機期間後に家族をシンガポールへ呼ぶこともできます。

就労ビザは配偶者や家族にどのような影響がありますか?

エンターパスを持っている場合、2つ目のビザを申請する際に家族の入国も申請することができます。これは、12ヶ月の待機期間があるということを意味しています。これに加えて、ビジネスの成功やどのような仕事をしたか、どれくらいの仕事を生み出したかなどの条件もあります。詳細は政府のウェブサイトのエンターパスのページに掲載しています。
エンプロイメントパスかSパスを持っていて、月5,000SGD以上稼いでいる場合、配偶者や未成年の子供のパスを申請することができます。申請はあなたの雇用主が行い、あなたのエンプロイメントパスと同時に申請することもできますし、後から申請することもできます。もし10,000SGD以上稼いでいる場合は、あなたの両親をシンガポールに呼ぶこともできます。

シンガポールの就労ビザを持っています…次にするべきことは?

あなたのパスが発行されたら、指紋登録をしなければなりません。一般に、初めて申請した場合や最初の申請から5年が経過している場合は必須となります。指紋登録の予約をし、書類を持参します。
あなたのパスの用意ができたら、受け取ることができます。これは全ての書類を提出して受領されてから4日くらいで完了します。EメールかSMSでどのように送付されるかお知らせがあります。もし直接取りに行く方が早いのであれば、IDを持参しましょう。

自国の銀行口座からシンガポールに送金するには?

シンガポールで自分のお金を得るには、シンガポールの銀行の口座を開くと良いでしょう。口座開設は入国前でも可能です。
シンガポールへ送金するときには、不利な換金レートに当たらないためにも、TransferWiseのような両替サービスを使うと良いでしょう。低額の手数料で送金でき、換金した場合はGoogle上で確認できるレートと同じレートで換金されます。それだけではなく、TransferWiseは国際的なものではなくローカルの銀行を経由して送受金を行うので、国際送金手数料をグッと抑えることができます。
もしあなたの旅行が短期間だったり、シンガポールでの銀行口座開設を検討していない場合、シンガポールのATMからあなたの国の口座のお金を引き出すことができます。ただその際に注意したいのは、自国通貨ではなく、シンガポールの通貨の方が好まれることを覚えておきましょう。
いつ外国で仕事を始めるかに関わらず、適切な手順を踏めばビザを取得することはそこまで難しいことではありません。最も重要なのは、新たな旅を楽しむことなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です