マレーシアの就労ビザ

マレーシアの人口は多くの移民も含めて増え続けており、この刺激的で活気に満ちた環境に住み、働く人が増えています。急速に発展しているクアラルンプールのような大都市に移住して働く人がたくさんいます。
マレーシアの経済は安定して成長し続けるとの見解が出されており、世界中の技術や知識が必要になってくると言われています。仕事のためにマレーシアへの移住を考えているなら、就労ビザを取得しなければなりません。
マレーシアの就労ビザの取得のために何をすれば良いのか、この記事で紹介します。

マレーシアの就労ビザは必要ですか?

外国人としてマレーシアで働くには、就労ビザが必要になるでしょう。旅行者ビザで入国してから労働可能なビザに切り替えることもできますが、当局が正式書類のない労働者に対してとても厳しいので、新しい仕事を始める前に必要書類を集めておくことはとても重要です。
入国管理局の外国人サービス部門はマレーシアに移住してくる人たちのためのワンストップショップであり、多くの有用な情報があります。

マレーシアの就労ビザを取得するための手続きは?

マレーシアの就労ビザはマレーシア移民局で手続きをします。雇用形態によっていくつかの異なる種類のビザがあります。ビザを得るためのプロセスは広範囲に渡るので、書類を作成するまえに十分な下調べをする必要があります。
最も一般的な選択は外国人ビザで、月に8,000リンギット以上を稼ぐ専門職の人たちへのビザです。しかし、このビザが使えない職種もあります。
あなたが何をするかによって、まず雇用主が外国人を雇用することに対して州から承認を得る必要があります。職種によって申請するセクターも異なります。雇用主は、そのポジションが地域の人ではカバーできず、必要不可欠であるということを証明しなければなりません。
雇用主がこの手続きを終えたら、あなた自身が書類を提出します。書類が最終的に受領されると、エンプロイメントパスが発行されます。
エンプロイメントパスを取得するには、パスポートの残存期間が18ヶ月以上必要です。パスは状況に応じて1年間から5年間までの期間で発行されます。
また「外国人労働者」ビザというものありますが、これは、専門的な分野よりも低賃金で働く移民に発行されるものです。就労ビザの適合は個々の役割と特定の申請によります。例えば、外国人が固定のセクターでのみ働く場合は、45歳未満の人にのみビザが発行されます。
また、全てのビザに手数料がかかります。ビザのタイプ、仕事の場所、仕事上の役割によって金額は異なります。主要な手数料に加えて、さらに管理料がかかりますが、これは申請者でも雇用主でも支払うことができます。詳細はマレーシア政府のウェブサイトに記載があります。
エンプロイメントパス申請は書類提出後5日以内に手続きが行われます。
多くのビザ代理店が手数料を取ってビザの取得の手伝いをしています。しかし、合法な雇用主の下で働く場合は雇用主がしっかり手続きを行ってくれるはずです。もし代理店を利用するなら、代金を支払う前に、何にいくらかかっているのかを確認するようにしましょう。

どのような書類が必要?

外国人ビザには、以下の書類が必要になります。
・記入済みの申請フォーム(労働契約書を添付する)
・最近のパスポートサイズの写真
・有効なパスポートのコピー
・雇用企業からの給与や税金を納める旨を認める文書
・雇用企業が産業の規則に従っていることを証明する書類
・延長を申請する場合は、所得税の納税証明書
外国人ビザを申請し、月に8,000リンギット以上を稼いでいる人はその日のうちに自動的に受領されるでしょう。雇用主とそのビジネスに対する税金の追加の書類の提出や、調査が入る場合もあります。

パート労働者、定期労働者、季節労働者の就労ビザ

専門職に就くためにマレーシアに入国し、労働期間が12ヶ月以内の場合、プロフェッショナルビジットパスと呼ばれる許可証を申請することができます。それ以外には、短期間の労働も含めて上記の方法で申請することも可能です。
オペアとして働く場合は、特定のビザを申請することができます。このタイプのビザは規制が厳しいので、詳細を把握しておくと良いでしょう。
マレーシアでは現在、ワーキングホリデーの機会はとても少ないです。この状況は変わっていくかもしれませんが、現在提供されているビザはとても少なく、オーストラリア人とニュージーランド人に対してのみ発行されています。割り当ての低さから、年の始めには埋まってしまう傾向にあります。

企業家としてマレーシアの就労ビザを取得するには?

マレーシア投資開発庁は企業家に対して、いくつかの異なるビザについて概説しています。ショートタームビジットパスは事業を始める前の調査段階で申請すると良いでしょう。ビジットパス(期限付き採用)はマレーシアに2年滞在する人に向けたパスです。
また専門職のビジットパスはどこでどのように働くかの自由があり、特定の分野における労働者や企業家に対して発行されます。
マレーシアは外国人労働者や投資家にオープンな国ですが、地域の雇用が優先される場所もあります。従って外国人の労働が禁止されているセクターもあります。これらの理由と、様々なビザのタイプがあることから、旅行を計画する前に出入国管理エージェントや法律家と話してみるのもいいかもしれません。

就労ビザは配偶者や家族にどのような影響がありますか?

エンプロイメントパスを持っているのなら、配偶者、両親、18歳未満の子供の分も申請することができます。マレーシアに来る家族それぞれにアテンダントパスを申請しましょう。パスは、パスポートの残存期間が十分な場合、エンプロイメントパスと同じ期間で発行されます。

自国の銀行口座からマレーシアに送金するには?

マレーシアに送金するには、マレーシアの銀行の口座を開設すると良いでしょう。口座開設は入国前でも可能です。
マレーシアから送金する場合も、マレーシアへ送金する場合も、不利な換金レートを避けるためにTransferWiseのような両替サービスを使うと良いでしょう。低額の手数料で送金でき、換金した場合はGoogle上で確認できるレートと同じレートで換金されます。それだけではなく、TransferWiseは国際的なものではなくローカルの銀行を経由して送受金を行うので、国際送金手数料をグッと抑えることができます。
もしあなたの旅行が短期間だったり、マレーシアでの銀行口座開設を検討していない場合、マレーシアのATMからあなたの国の口座のお金を引き出すことができます。ただその際に注意したいのは、自国通貨ではなく、現地の通貨の方が好まれることを覚えておきましょう。
いつ外国で仕事を始めるかに関わらず、適切な手順を踏めばビザを取得することはそこまで難しいことではありません。最も重要なのは、新たな旅を楽しむことなのです。