タイの就労ビザ

タイは「微笑みの国」として知られています。バンコクだけでも毎年2,150万人の外国人旅行客が訪れ、とある調査でバンコクは世界で最も訪問者が多い都市と位置付けられています。そしてもちろん、多くの外国人が滞在期間を延ばし、タイで生活し仕事をしているのです。
微笑みの国で外国人コミュニティに参加することをお考えの場合は、仕事を得る前に就労ビザを取得する必要があります。この記事ではタイの就労ビザについて詳しく説明しています。

タイの就労ビザは必要ですか?

タイで働きたいと思っている全ての外国人は、就労ビザが必要になり、多くの場合は非移民ビザと労働許可証が必要になります。ビザの手続きは外務省を通して行い、ビザの種類はウェブサイトで確認することができます。労働許可証は、一般にタイに入国してから手配されます。
現在、タイの有名なウェブサイトの多くは、暗い配色になっていますが、これは前国王に敬意を表しているということを覚えておくといいかもしれません。サイト自体は普通に使えますが、2017年を通して前国王への悲しみを表していました。
あなたがタイでやりたいことに対して、労働許可証が必要かどうかを考える際に大切なのは、タイにおける「労働」の意味が広いことを理解しておくことです。タイで働くということは、ボランティアやパートタイムの仕事、会議への出席も含まれるのです。

タイの労働許可証を得るには?

タイで合法的に働くためには、非移民ビザのカテゴリーBと労働許可証を取得している必要があります。この二つを保有しているというのはとても重要で、これらが無ければ罰金刑や禁錮刑に処されます。なぜなら、アメリカのような国とは異なり、タイに住む権利とタイで働く権利は、別々の法律によってカバーされており、政府の担当機関も異なるからです。
そして、ある種の専門分野については外国人が関わることのできない分野があるということも覚えておきましょう。タイでやることが合法的な活動かどうかを明確にしておくことが大切です。
ビザの手続きは地元の大使館や領事館で申請することができ、一度タイに入国すると最長90日有効になります。もしすでにタイにいて、旅行者ビザなどを持っている場合は、Bタイプビザに変更する必要があります。その後仕事を始める前に労働許可証を取得しましょう。
労働許可証はあなたの職場の最寄りの外国人労働者管理委員会のオフィスで発行されます。
Bビザと労働許可証を取得する前に、仕事が決まっていなければなりません。雇用主はビザの申請において重要な役割を果たしていて、そのビジネスについて様々な書類を提出しなければならないのです。
就労ビザを申請する際、あなたの財政状況について聞かれます。1人で入国する場合は20,000バーツ、家族と一緒の場合は40,000バーツは持っているようにしましょう。また、黄熱病の感染の可能性がある国から来る場合は、ビザの申請書を提出する際に健康証明書も必要になるかもしれません。
また、Bビザの手数料も払わなければなりません。現在、シングルエントリーで有効期限90日のビザは2,000バーツ、マルチエントリーで1年間有効のビザは5,000バーツとなっています。
タイ政府のウェブサイトには、様々なケースに応じたビザのFAQぺージがあります。タイの労働許可証について疑問がある場合は役立つかもしれません。
また、許可証を取得する上での手続きや書類業務を代行する代理店も数多くあります。便利ではありますが、費用がかかります。もし雇用主がきちんと処理をしてくれるのであれば、代理店を使う必要はないでしょう。しかし、代理店を利用する場合は、代金を支払う前に、その代理店の信用度と経験を確認した方が良いです。

どのような書類が必要?

どのタイプのビザでも、申請書とともに書類を提出する必要があります。詳細は多岐にわたるので、地域の領事に確認しましょう。一般に必要な書類は以下のようになります。
・残存期間が6ヶ月以上のパスポート
・記入済みのビザの申請フォーム
・パスポートサイズの写真(撮影後6ヶ月以内)
・資金確保手段の証明
・雇用主の詳細(会社登記謄本、株主のリスト、ビジネスの詳細、貸借対照表、所得税、法人税の証明書などを含む)
タイ語で書かれていない書類は翻訳し、認証を得る必要があります。

パート労働者、定期労働者、季節労働者の就労ビザ

パート労働者や定期労働者に向けた特別な手続きはありません。ボランティア労働であっても、上記のような手続きをとる必要があります。

企業家としてタイの就労ビザを取得するには?

企業家としてタイで働くためには、上記と同じような手続きを踏まなければなりません。Bビザを申請するときは、投資や既存の企業と働く場合はBAビザ、自身でビジネスを立ち上げる場合はIBビザのどちらかを選択する必要があります。
IBビザは特定の基準に沿って発行されます。まず、タイの経済にどれくらい貢献できるかを証明すなければなりません。例えば、地域の人々を雇用する、輸出を促進するなどです。また、あなたのビジネスが既存の地域のビジネスを妨害しないということも証明する必要があります。
BAタイプを選択するのは、投資したりパートナーシップを結んで働くには一番簡単な手段であると言えます。書類を揃え、企業が証明などを提出するだけです。Bタイプのビザのように、タイに入国後は労働許可証を申請する必要があります。

就労ビザは配偶者や家族にどのような影響がありますか?

Bビザを申請する場合は、同時に家族の分も申請することができます。配偶者、両親、20歳未満の子供の場合は、あなたが保証人となって申請することができます。ビザは1回の申請で1年を期限として発行され、あなたがその家族を養うだけの能力があることを証明しなければなりません。

→タイの就労ビザの取得代行や、もっと詳しく知りたい人はコチラ

タイの就労ビザを持っています…次にするべきことは?

タイに入国して最優先にやるべきことは、あなたの職場の最寄りの外国人労働者委員会のオフィスから労働許可証を発行してもらうことです。地方にいる場合は都市や地域のオフィスで申請することになります。そこで、所得税についての登録がされたかどうかも確認しておきましょう。その登録なしでは合法的に働くことはできません。

自国の銀行口座からタイに送金するには?

タイで自分のお金を得るには、タイの銀行の口座を開くと良いでしょう。口座開設は入国前でも可能です。
タイへ送金するときには、不利な換金レートに当たらないためにも、TransferWiseのような両替サービスを使うと良いでしょう。低額の手数料で送金でき、換金した場合はGoogle上で確認できるレートと同じレートで換金されます。それだけではなく、TransferWiseは国際的なものではなくローカルの銀行を経由して送受金を行うので、国際送金手数料をグッと抑えることができます。
もしあなたの旅行が短期間だったり、タイでの銀行口座開設を検討していない場合、タイのATMからあなたの国の口座のお金を引き出すことができます。ただその際に注意したいのは、自国通貨ではなく、タイの通貨の方が好まれることを覚えておきましょう。
いつ外国で仕事を始めるかに関わらず、適切な手順を踏めばビザを取得することはそこまで難しいことではありません。最も重要なのは、新たな旅を楽しむことなのです。

シンガポールの就労ビザ

シンガポールは世界でも最も生活コストが高い国の一つです。しかし、素晴らしい文化、経済成長、そして海外からの移住者が仕事を探しビジネスを始めていることを鑑みると、魅力が多いということを実感します。住みやすさのランキングでは上位に位置し、治安も比較的良いとされています。
数多くのグローバル企業がシンガポールで足場を作っています。その多くがアジアの拠点としてシンガポールを利用し、技術や知識を集結させています。働くためにシンガポール移住を検討しているのなら、まずビザを確保する必要があります。
この記事ではシンガポールの就労ビザを簡単に紹介しています。新たな挑戦のお手伝いができれば幸いです。

シンガポールの就労ビザは必要ですか?

シンガポールの全ての外国人は、合法的に働くために労働許可証が必要になります。ワークパスとして知られており、様々な種類のパスの詳細がシンガポール政府のウェブサイトで確認することができます。

シンガポールの就労ビザを得るには?

シンガポールで取得可能な様々なタイプのビザが、シンガポール政府のウェブサイトで公開されています。専門的な技術と個人的な都合によって種類は分かれています。
あなたが経験豊富な専門家で、月に3,600SGD以上稼いでいるなら、あなたの雇用主はあなたに代わってエンプロイメントパスを申請することができます。このビザを取得するのは難しく、特に新卒でこれだけの稼ぎがあっても取得するのは難しいです。ということは、明らかにこれ以上の稼ぎがなければいけないということです。月給の要件だけではなく、仕事内容にも制限があり、専門的で特殊なものであったり、高い能力が要求されます。

雇用主は、あなたのパスを申請する際に200SGD以上の手数料を支払わなければなりません。手続きに要する期間は一般に1週間ほどとなっています。
「中級のスキル」で少なくとも月2,200SGD稼いでいるあなたは、Sパスが必要になります。このビザが適用される場合は、雇用主があなたに代わって申請書を作成するでしょう。雇用主はSパスの申請数に制限があるので、この制限内に収まらなければなりません。また、教育レベルや経験年数に応じた適格条件もあります。

Sパスは1つの雇用主に対してのみ有効なので、職場を変えた場合は新しい雇用主と更新しなければなりません。
ビザの申請は雇用主がやるので、代理店などを使う必要はありません。

どのような書類が必要?

エンプロイメントパスかSパスを申請する場合、あなたの雇用主はあなたに代わっていくつかの書類を提出しなければなりません。
・あなたのパスポートの写真のページのコピー
・ビジネスの登録証
・学位記など、あなたの能力を証明するもの
中国やインドから来る人のために申請する場合は、他にも必要な書類がありますので。シンガポール政府のウェブサイトで確認してください。書類が英語で書かれていない場合は、公証か登録翻訳代理店によって翻訳する必要があります。提出を完了するにあたって、あなたのサインを求められる場合もあります。
書類に加えて、あなたの雇用主は移民局に適正に登録されなければなりません。そして、Sパスの場合、職場が割り当て制限内に申請していなければなりません。雇用主がやらなければならない手続きは政府のウェブサイトで確認でき、多くの有能なビジネスがシンガポールへ輸入されていることを考えると、あなたの会社や代理店はこれらの手続きに関して慣れていると思われます。

パート労働者、定期労働者、季節労働者の就労ビザ

シンガポールへ働きに来る人の多くは、たとえ短期間であっても上記の手続きを踏んでパスを取得しなければなりません。しかし、シンガポールにおいて特定の役割を果たす外国人のため例外もいくつかあります。よく知られている例外や以下のようになりますが、全ての例外は政府のウェブサイトで確認できます。
30歳未満の場合は、ワーキングホリデービザを申請することができるかもしれません。このビザは6ヶ月を上限として発行されます。これは割り当て制限があるので、適用条件を満たしていても割り当て分がなくなるとビザを取得することができなくなります。
シンガポールへ訓練やインターンシップなどで訪れる場合は、3ヶ月を上限とする短期間のトレーニングビザを申請することができます。このビザは雇用主があなたの代わりに申請し、登録された機関で勉強していない限りは、少なくとも3,000SGDの稼ぎがなければなりません。また、不慣れな訓練中の労働者のための6ヶ月を上限とする短期間のビザもあります。
特定の役割に対するその他のビザは、外国人家事手伝い(オペアなど)や芸術家に対するものがあります。

企業家としてシンガポールの就労ビザを取得するには?

ビジネスを始めるためにシンガポールへ入国する場合は、エンターパスを申請することができます。このビザは特定の財政要件を満たした人々が申請可能で、申請者は会社の株式を少なくとも30%保有していることなどが条件となります。まだあなたのビジネスを登録していない場合は、まずパスを申請し、取得後にビジネスの登録をすることもできます。
バーやマッサージ店などはこのビザの対象にはなりません。
全てのエンターパスの申請フォームはオンライン上で取得でき、スキャンした書類を送付することで申請することができます。ビザは1回で1年間分を発行されることが多く、一定の待機期間後に家族をシンガポールへ呼ぶこともできます。

就労ビザは配偶者や家族にどのような影響がありますか?

エンターパスを持っている場合、2つ目のビザを申請する際に家族の入国も申請することができます。これは、12ヶ月の待機期間があるということを意味しています。これに加えて、ビジネスの成功やどのような仕事をしたか、どれくらいの仕事を生み出したかなどの条件もあります。詳細は政府のウェブサイトのエンターパスのページに掲載しています。
エンプロイメントパスかSパスを持っていて、月5,000SGD以上稼いでいる場合、配偶者や未成年の子供のパスを申請することができます。申請はあなたの雇用主が行い、あなたのエンプロイメントパスと同時に申請することもできますし、後から申請することもできます。もし10,000SGD以上稼いでいる場合は、あなたの両親をシンガポールに呼ぶこともできます。

シンガポールの就労ビザを持っています…次にするべきことは?

あなたのパスが発行されたら、指紋登録をしなければなりません。一般に、初めて申請した場合や最初の申請から5年が経過している場合は必須となります。指紋登録の予約をし、書類を持参します。
あなたのパスの用意ができたら、受け取ることができます。これは全ての書類を提出して受領されてから4日くらいで完了します。EメールかSMSでどのように送付されるかお知らせがあります。もし直接取りに行く方が早いのであれば、IDを持参しましょう。

自国の銀行口座からシンガポールに送金するには?

シンガポールで自分のお金を得るには、シンガポールの銀行の口座を開くと良いでしょう。口座開設は入国前でも可能です。
シンガポールへ送金するときには、不利な換金レートに当たらないためにも、TransferWiseのような両替サービスを使うと良いでしょう。低額の手数料で送金でき、換金した場合はGoogle上で確認できるレートと同じレートで換金されます。それだけではなく、TransferWiseは国際的なものではなくローカルの銀行を経由して送受金を行うので、国際送金手数料をグッと抑えることができます。
もしあなたの旅行が短期間だったり、シンガポールでの銀行口座開設を検討していない場合、シンガポールのATMからあなたの国の口座のお金を引き出すことができます。ただその際に注意したいのは、自国通貨ではなく、シンガポールの通貨の方が好まれることを覚えておきましょう。
いつ外国で仕事を始めるかに関わらず、適切な手順を踏めばビザを取得することはそこまで難しいことではありません。最も重要なのは、新たな旅を楽しむことなのです。

インドネシアの就労ビザ

バリで正式に雇用されたら、KITASという就労ビザを取得しなければなりません。地域当局はバリで外国人が違法就労することに対して、とても厳しく取り締まっているからです。(この法律を犯した場合は莫大な罰金と国外追放になる可能性があります。)
インドネシアで就労ビザを申請するには、まずあなたを雇用してくれる企業を探さなければなりません。この企業があなたの保証人になるのです。
就労ビザは6ヶ月の滞在に有効で、6ヶ月ごとに新しいビザを申請する必要があります。まれにインドネシアに住んでいなくてもKITASの延長申請をすることができる場合もあります。ジャカルタの移民局で申請をし、当局があなたがインドネシアを去るべきか、就労ビザを延長するかどうかを判断します。
また、1年ずつの延長が可能な5年間の就労ビザを申請できるケースもあります。この5年間KITASを申請できるのは、以下の場合です。
・インドネシアでPMAタイプの企業の取締役である
・インドネシアで働く分野での学位と最低5年間の経験がある

就労ビザの受け取り方

ステップ1. 雇用者と被雇用者が必要な書類を揃えましょう。
雇用者が提出する書類(ビザの保証企業):
・企業のレターヘッド10部(企業の取締役のサインがあり、会社印が押印してあるもの)
・企業の事業許可証、SIUP、TDPのコピー
・企業の所在地
・組織構造
・企業活動のコピー
・SKTU(Surat Keterangan tempat Usaha:企業の所在地証明のコピー)
・NPWP(Nomor Poko Wajib Pajak:企業の納税ナンバーのコピー)
・雇用契約書のコピー
・KTP(管理職のIDカードのコピー)
・UU no.17, 1981に適合している報告書のコピー
被雇用者(ビザの申請者):
・パスポートの全てのページのコピー(残存期間18ヶ月以上のもの)
・学位記(必要に応じて英語またはインドネシア語に翻訳する)
・1年間有効な健康保険
・CV(英語)
・写真2×3、3×4、4×6(各6枚ずつ、背景は赤)

ステップ2. 全ての書類を移民局に提出し、TELEXを受け取りましょう。
全ての書類を提出すると、ジャカルタの移民局で手続きが進められ、TELEXを受け取ることができます。これはビザの許可証になります。TELEXはインドネシア大使館でKITASを受け取る際にも使われます。
注意:TELEXをジャカルタの移民局から受け取るための書類作成は最低でも2ヶ月かかります。

ステップ3. あなたの国(または申請可能な国)のインドネシア大使館でKITASを申請しましょう。
大使館でビザを申請する場合に持参するもの:
・有効なパスポート
・記入済みの申請フォーム
・3×4の写真2枚
・TELEX(ジャカルタの移民局から発行されるビザ申請を許可する公式文書)
大使館でのビザ手数料は100米ドルです。

重要な情報

1. 労働許可証の手数料は月100米ドルです。
2. KITASにはあなたの雇用主と職種について記載があります。この記載以外の場所や職種で仕事をすることは禁止されています。
3. 6ヶ月のKITASを受け取ったら、この6ヶ月の期間内に出国しなければなりません。もし出国が遅れる場合は、移民局で許可を受け、オーバーステイの手数料を払いましょう。その際に、出国するためのチケットを提示する必要があります。
4. 1年のKITASを受け取ったら、出国する前にKITASの取り消し手続きをおこな必要があります。

その他の就労ビザ支援サービス

もし出国許可が必要になったら、KITASを取り消すか延長(更新)する手続きのお手伝いもできます。

KITASの更新と延長

料金:5,500,000ルピア
KITAS延長申請に必要な書類:
・パスポート
・ブルーブック
・IMTA
・DPKK
・企業のすべての登録書類のコピー
KITASの更新は少なくとも失効日の2ヶ月前には申請するようにしましょう。新しいKITASを申請した後に出国することはできません。

KITASの取り消しと出国許可

1. 1年のKITASの取り消し手続き:800,000ルピア
2. 6ヶ月のKITASの取り消し手続き:500,000ルピア
3. 6ヶ月の出国許可:1,500,000ルピア
4. 12ヶ月の出国許可:2,000,000ルピア
必要書類:
・パスポート
・KITAS
・ブルーブック
・IMTA
・DPKK
・RPTK
・バリから帰るチケット
・企業のレターヘッド(管理職のサインと会社印が押印されているもの)
KITASが失効する7日前までに取り消しの手続きをしなければなりません。

KITASについて質問がある場合は、私たちに連絡をください。疑問を解決し、インドネシアの労働許可証の取得のお手伝いをします。

マレーシアの就労ビザ

マレーシアの人口は多くの移民も含めて増え続けており、この刺激的で活気に満ちた環境に住み、働く人が増えています。急速に発展しているクアラルンプールのような大都市に移住して働く人がたくさんいます。
マレーシアの経済は安定して成長し続けるとの見解が出されており、世界中の技術や知識が必要になってくると言われています。仕事のためにマレーシアへの移住を考えているなら、就労ビザを取得しなければなりません。
マレーシアの就労ビザの取得のために何をすれば良いのか、この記事で紹介します。

マレーシアの就労ビザは必要ですか?

外国人としてマレーシアで働くには、就労ビザが必要になるでしょう。旅行者ビザで入国してから労働可能なビザに切り替えることもできますが、当局が正式書類のない労働者に対してとても厳しいので、新しい仕事を始める前に必要書類を集めておくことはとても重要です。
入国管理局の外国人サービス部門はマレーシアに移住してくる人たちのためのワンストップショップであり、多くの有用な情報があります。

マレーシアの就労ビザを取得するための手続きは?

マレーシアの就労ビザはマレーシア移民局で手続きをします。雇用形態によっていくつかの異なる種類のビザがあります。ビザを得るためのプロセスは広範囲に渡るので、書類を作成するまえに十分な下調べをする必要があります。
最も一般的な選択は外国人ビザで、月に8,000リンギット以上を稼ぐ専門職の人たちへのビザです。しかし、このビザが使えない職種もあります。
あなたが何をするかによって、まず雇用主が外国人を雇用することに対して州から承認を得る必要があります。職種によって申請するセクターも異なります。雇用主は、そのポジションが地域の人ではカバーできず、必要不可欠であるということを証明しなければなりません。
雇用主がこの手続きを終えたら、あなた自身が書類を提出します。書類が最終的に受領されると、エンプロイメントパスが発行されます。
エンプロイメントパスを取得するには、パスポートの残存期間が18ヶ月以上必要です。パスは状況に応じて1年間から5年間までの期間で発行されます。
また「外国人労働者」ビザというものありますが、これは、専門的な分野よりも低賃金で働く移民に発行されるものです。就労ビザの適合は個々の役割と特定の申請によります。例えば、外国人が固定のセクターでのみ働く場合は、45歳未満の人にのみビザが発行されます。
また、全てのビザに手数料がかかります。ビザのタイプ、仕事の場所、仕事上の役割によって金額は異なります。主要な手数料に加えて、さらに管理料がかかりますが、これは申請者でも雇用主でも支払うことができます。詳細はマレーシア政府のウェブサイトに記載があります。
エンプロイメントパス申請は書類提出後5日以内に手続きが行われます。
多くのビザ代理店が手数料を取ってビザの取得の手伝いをしています。しかし、合法な雇用主の下で働く場合は雇用主がしっかり手続きを行ってくれるはずです。もし代理店を利用するなら、代金を支払う前に、何にいくらかかっているのかを確認するようにしましょう。

どのような書類が必要?

外国人ビザには、以下の書類が必要になります。
・記入済みの申請フォーム(労働契約書を添付する)
・最近のパスポートサイズの写真
・有効なパスポートのコピー
・雇用企業からの給与や税金を納める旨を認める文書
・雇用企業が産業の規則に従っていることを証明する書類
・延長を申請する場合は、所得税の納税証明書
外国人ビザを申請し、月に8,000リンギット以上を稼いでいる人はその日のうちに自動的に受領されるでしょう。雇用主とそのビジネスに対する税金の追加の書類の提出や、調査が入る場合もあります。

パート労働者、定期労働者、季節労働者の就労ビザ

専門職に就くためにマレーシアに入国し、労働期間が12ヶ月以内の場合、プロフェッショナルビジットパスと呼ばれる許可証を申請することができます。それ以外には、短期間の労働も含めて上記の方法で申請することも可能です。
オペアとして働く場合は、特定のビザを申請することができます。このタイプのビザは規制が厳しいので、詳細を把握しておくと良いでしょう。
マレーシアでは現在、ワーキングホリデーの機会はとても少ないです。この状況は変わっていくかもしれませんが、現在提供されているビザはとても少なく、オーストラリア人とニュージーランド人に対してのみ発行されています。割り当ての低さから、年の始めには埋まってしまう傾向にあります。

企業家としてマレーシアの就労ビザを取得するには?

マレーシア投資開発庁は企業家に対して、いくつかの異なるビザについて概説しています。ショートタームビジットパスは事業を始める前の調査段階で申請すると良いでしょう。ビジットパス(期限付き採用)はマレーシアに2年滞在する人に向けたパスです。
また専門職のビジットパスはどこでどのように働くかの自由があり、特定の分野における労働者や企業家に対して発行されます。
マレーシアは外国人労働者や投資家にオープンな国ですが、地域の雇用が優先される場所もあります。従って外国人の労働が禁止されているセクターもあります。これらの理由と、様々なビザのタイプがあることから、旅行を計画する前に出入国管理エージェントや法律家と話してみるのもいいかもしれません。

就労ビザは配偶者や家族にどのような影響がありますか?

エンプロイメントパスを持っているのなら、配偶者、両親、18歳未満の子供の分も申請することができます。マレーシアに来る家族それぞれにアテンダントパスを申請しましょう。パスは、パスポートの残存期間が十分な場合、エンプロイメントパスと同じ期間で発行されます。

自国の銀行口座からマレーシアに送金するには?

マレーシアに送金するには、マレーシアの銀行の口座を開設すると良いでしょう。口座開設は入国前でも可能です。
マレーシアから送金する場合も、マレーシアへ送金する場合も、不利な換金レートを避けるためにTransferWiseのような両替サービスを使うと良いでしょう。低額の手数料で送金でき、換金した場合はGoogle上で確認できるレートと同じレートで換金されます。それだけではなく、TransferWiseは国際的なものではなくローカルの銀行を経由して送受金を行うので、国際送金手数料をグッと抑えることができます。
もしあなたの旅行が短期間だったり、マレーシアでの銀行口座開設を検討していない場合、マレーシアのATMからあなたの国の口座のお金を引き出すことができます。ただその際に注意したいのは、自国通貨ではなく、現地の通貨の方が好まれることを覚えておきましょう。
いつ外国で仕事を始めるかに関わらず、適切な手順を踏めばビザを取得することはそこまで難しいことではありません。最も重要なのは、新たな旅を楽しむことなのです。